遠 距離 恋愛 は 続く のか

Sponsored Link

継続させる秘訣は?

遠距離恋愛は続くのかどうかということを疑問に思っている人もいるのではないかなと思います。

 

これについては、正確な事は言えませんが、続く人は続きますし、続かない人は続かないです。

 

 

また、ザックリとですが、遠距離になっても恋愛が続くカップルは3割程度だとも言われています。

 

こう聞くと意外にも多いと感じるのではないでしょうか。

 

 

距離が離れてしまうという事は、最初は絶望的に感じるかもしれませんが、会う事以上に相手の事を真剣に愛しているのであれば、距離はそこまで関係が無いとも言えるのかなとも思います。

 

実際に遠距離を乗り越えてゴールインした人に意見を聞くと、離れている期間は別にそんなに辛くなかったという人も沢山います。

 

 

長く会えないのは確かに辛いかもしれませんが、しかしそれでも相手の事をしっかり好きでいることが出来れば、その気持ちは揺るぎないものですし、本物だと言えると思います。

 

 

そうやって関係が続いて行けば、高い確率で結婚にも進めますから、遠距離は悪い事ばかりでも無いと思います。

 

こういう風に前向きに考えることが出来れば、遠距離も難しくは無いはずです。。

 

 

 

ここでは関係を継続させられる秘訣について紹介して行きたいと思います。


助け合う気持ちを持つ

 

遠距離恋愛を続けて行く上では、お互いに助け合う気持ちを持つ事は何よりも重要な事だと言えます。

 

すぐに会えない離れた距離で恋愛をするという事は、精神的な繋がり100%で関係を継続させているという事ですから、相手の精神的な支えになってあげる気持ちを持つ事は絶対に必要です。

 

 

この気持ちを持っていれば、相手が忙しくてメールが出来ない時でも一方的に攻めたりなんて事にもならないはずです。

 

遠距離では多くの場合、相手を信用するよりも自分の寂しさを前面に押し出してしまい不満をぶつけて相手を困らせて関係が破綻してしまいます。

 

 

一方的に不安な気持ちをぶつける様になると精神的な繋がりが壊れてしまいますから、そういう事はしない様にしておきましょう。

 

 

精神的に相手の支えになるというのは、夫婦の心構えのようでもあります。

 

ですから、遠距離を乗り越えると結婚するカップルが多いのだと思います。

 

 

相手の精神的な支えに徹することが出来れば離れていても交際は上手く行きますから、試練だと受け止めて乗り越えるという強い気持ちを持っていれば良い結果に繋がって行くと思います。

 

 

 

喧嘩は避ける

 

普通の恋愛でも喧嘩はなるべくしないようにした方が良いです。

 

これは結婚においても同じです。

 

 

多くの男女が喧嘩をする事で関係が険悪になり別れてしまいます。

 

喧嘩はちょっとした弾みで別れに繋がってしまいますし、とても関係が危うくなりますのでなるだけしないようにした方が良いです。

 

 

 

喧嘩をしないようにするには、譲る気持ちを持つ事と、相手を理解する事です。

 

変にプライドを持って、譲らないでいると簡単にぶつかってしまい言い合いになって喧嘩に発展してしまいます。

 

 

遠距離では特にすぐに会いに行けませんから、フォローが難しいのでなるだけぶつからない様に心がけておきましょう。

 

 

 

相手を理解する気持ちを持つのは、交際をする上では絶対に必要な事になります。

 

男女は脳の仕組みが違いますから、時には理解に苦しむ様な事もあると思いますが、それでも理解するようにしなければ関係は上手く行きません。

 

 

また、どうしても理解出来ない事は、わからない事としてそれ以上は触れない様にする事です。

 

 

実は長年連れ添った夫婦でも、理解出来ない事はお互いに沢山あるものです。

 

数年付き合っていると、100%理解しあえると勘違いして完璧を目指してしまいがちですが、それをやると高い確率でぶつかり破綻してしまいます。

 

 

 

男女は50%程度理解し合えていれば十分だと思います。

 

男性・女性とそれぞれ性別が違い、役割も違うのですから考え方は違っていて当たり前です。

 

 

それは自然な事ですから、一致を目指すのではなく、上手く共存して行く方法を探る様にして行きましょう。

 

これは夫婦円満の秘訣でもあります。

 

 

 

夢中になれる趣味を見つける

 

遠距離恋愛は続けられる人は続けられますが、続けられない人は全く続けられません。

 

このように向き不向きがありますが、向いていない人の特徴は、さみしがりでいつも恋人の事ばかりを考えているというタイプの人が多いです。

 

 

さみしがりな人は、体の距離が離れるだけで我慢出来ませんから、遠距離恋愛を続けるのはとても厳しいと思います。

 

ひどい場合は3日と持たずに別れてしまいます。

 

 

いつも恋人の事ばかりを考えている人は、恋愛依存性と考える事も出来ますが、そうした人は夢中になれる趣味を見つければ会えない寂しさを紛らわせる事も可能です。

 

 

会えない寂しさは、相手の事を考えるから湧いてくるものでもあります。

 

起きている間ずっと相手の事ばかりを考えていたら、とてもじゃないですが寂しくて気が狂いそうになってしまうと思います。

 

 

ですが、恋愛の事を忘れられる没頭出来る趣味等を見つければ、それをやっている間は恋愛の事を忘れられますから、随分気持ちが楽になると思います。

 

 

また、恋愛依存していない人は何かしらこうした自分だけの大切な時間を持っていると思います。

 

 

仕事やスポーツ・趣味などで毎日が充実していれば、そんなに恋愛の事ばかり考える暇はありませんから、会えなくても辛くは無いはずです。

 

「今日はこんな事があった」という風に話す相手もいるわけですから、それだけで精神的な充足も得られますし、良い恋愛関係が継続させて行けると思います。

 

 

 

大人でお互いに忙しければ、近距離でも何ヶ月も会えないという事も珍しくありません。

 

休みがなかなか合わないという場合もあると思います。

 

 

遠距離でも、相手が遠くにいるという事を意識しなければ、そうした状態と大きな違いはありませんから、そういう風にあまり意識せず、自分の時間を充実させて行けば随分気持ちは楽になると思います。

 

 

お互いにそうやって自分の時間を充実させて行けば、自分磨きにも繋がりますし、相手に不安な気持ちをぶつけたりなんていう事にもならないと思います。

 

束縛もしなければ何だって自由に出来ます。

 

 

それでいて精神的な充足は得られるのですから、それはそれで良い状態と言えると思います。

 

自由を満喫したい人には最高の状態とも言えます。

 

 

こうやってポジティブに考えられれば、離れているのも悪い事ばかりでは無いと思えると思います。

 

 

 

おわりに

 

遠距離恋愛は、ほぼ精神的な繋がりのみで続いている交際関係ですが、だからこそ純粋に相手を好きでいられるというメリットもあります。

 

相手の体や顔が好きというだけの付き合いだと、離れた瞬間に関係は終わりになってしまうと思いますが、そうした関係はとても希薄で浅い付き合いですから、遅かれ早かれ別れる関係だと言えると思います。

 

何かトラブルがあればすぐに逃げて行く様な相手など、結婚は勿論ですが恋愛相手としてもとても信用出来ませんし、そんな相手との付き合いは心が安らぎません。

 

 

恋愛において最も大切なのは、体でも外見でも顔でもなく中身のスピリットな部分です。

 

 

魂でする恋愛が本物ですし、人生のパートナーとなれる交際関係ですから、離れても付き合える関係は大切にした方が良いと思います。

 

 

離れても付き合いたいと思うのであれば、それは相手の魂と向き合って恋愛をしている証拠です。

 

そうしたレベルで付き合っているのであれば、距離や肉体が会う頻度は全く関係がありません。

 

 

 

遠距離になって恋愛を続けている状態というのは、一つの試練です。

 

乗り越えた3割が結婚して行くのですから、諦めないで前向きに考えて行くと良いと思います。

 

 

乗り越える事が出来れば、生涯揺るぎない強固な関係を手に入れる事が出来ます。

 

 

 

会えるだけで感謝出来る最高の関係が築けます。

 

そうしたものは、離れていたからこそ得られる恩恵でもありますし、大きな希望でもありますから、そこを目指して遠距離を克服するようにして行きましょう。

 
Sponsored Link