遠 距離 恋愛 距離 を 置く 連絡

Sponsored Link

距離を置くのはあり?なし?

遠距離恋愛は難しいですから、距離を置くという展開になってしまう事もあると思います。

 

こうした事は普通の恋愛でもある事です。

 

 

また、離れた状態で距離を置くのはありなのかな無しなのかなということが気になると思いますが、遠距離恋愛で距離を置くのは大変危険ですから出来れば辞めた方が良いです。

 

 

遠距離は、肉体的な距離は遠くても心の距離は近いという状態だからこそ関係を維持する事が出来ています。

 

ですから、その心の距離まで離してしまうという事は別れるという事と同等ですから、安易に距離を置かない様にした方が良いと思います。

 

 

遠距離恋愛では、連絡を取らなくなってしまうと、ほぼそのまま別れてしまう事になってしまいますから、付き合いを続けて行きたいのなら連絡を途切れさせない様にしましょう。

 

 

 

ここでは、関係を持ち直す方法について紹介して行きたいと思います。


可能なら会いに行く

 

遠距離恋愛中に距離を置きたいという時は、多くの場合関係を続けていくのに自信を無くしている状態だと思います。

 

離れて恋愛を継続させて行く事に意味があるのかという風に疑問に思ってしまったり、相手のことが本当に好きなんだろうかと疑問に思ってしまった場合は、離れてみれば答えが出るかもしれないという事で距離を置いて確認しようとすると思います。

 

 

これは遠距離では良くある事ですが、多くの場合、離れて連絡を取らなくなるとそのまま自然消滅してしまいます。

 

 

相手が付き合いを続けたいのか、関係を終わらせたいのかどちらなのかはわかりませんが、ただ自信を喪失しているだけなのであれば、まだ持ち直す事は可能です。

 

また、そういう場合は、なるだけ会って直接話す様にした方が効果的だと思います。

 

 

やはりコミュニケーションの醍醐味は目と目を合わせて話す事です。

 

会ってやっぱりこの人だと再び確信を持つ事が出来たら、そこから関係を持ち直して交際を続ける事も可能だと思います。

 

 

付き合いが続くのか、振られてしまうのかどちらに転ぶのかはわかりませんが、どちらにしろ会って話せばハッキリ答えは出ると思いますし、持ち直せる可能性も高くなると思います。

 

 

関係が危ない時は、なるだけ会いに行く様にしましょう。

 

 

 

好きな気持ちを貫き通す

 

カップルの付き合い方は十人十色ですが、色んな人を話を聞いていると、やはりどのような付き合いであれ続くものは続きますし、続かないものは続きません。

 

遠距離なんてなんのそのという感じで全く気にせず交際して結婚するカップルもいますが、別れてしまうカップルもいます。

 

 

別れても寄りを戻すカップルもいます。

 

 

本当に様々な形があり、何が正解なのかという答えを出す事は出来ません。

 

 

こうした事はありますが、自分は恋人の事が好きで関係を終わらせたく無いのなら、好きな気持ちを貫き通す様にするのが一番シンプルで良い方法だと思います。

 

 

距離を置きたい・連絡はしないと言われても、一方的に連絡を続ける事で、こちらのひたむきな愛情に気が付き、関係が元に戻るという例もありますし、呆れてバカらしくなり良好な関係に戻るという場合もあります。。

 

 

遠距離恋愛で距離を置くというのは、既に距離があるのに今更何を言っているんだろうという状況でもあります。

 

そうやって笑い話に終わる場合もあります。

 

 

相手が不安になっていても、こちらが変わらず相手を受け止める気持ちを維持し続けていれば、大切な存在ということに気がついて戻って来てくれる場合もあると思いますので、簡単に諦めずに変わらず愛情表現を続けて行く様にすると良いと思います。

 

 

 

自分磨きして信じて待つ

 

距離を置くのは、必ずしも悪いという訳でもありません。

 

このセリフを言う場合は、既に別れを決めているか、本当に好きなのかわからないのかのどちらかだと思いますが、どちらにしても相手に連絡を拒否されてしまったら連絡手段は無くなってしまいますから、そうなったらこちらは待つ事しか出来ません。

 

 

また、ただ待つのも辛いですので、自分磨きをして待つようにすれば幾らか気は紛れると思います。

 

 

遠距離で連絡を経ってしまうと物凄く不安ですが、しかし元々遠距離でも続いている関係は、相手を信じていないと成り立たないですから、そんなに辛くも無いと思います。

 

 

また、遠距離に耐えられないという事でひょっとしたらそのまま別れてしまうという場合もあるかもしれませんが、それでも相手の事が好きなら、好きなままの状態でいれば良いと思います。

 

遠距離だけが弊害なら、ひょっとしたら後々近い距離に住めた場合には復縁する事もあるかもしれません。

 

 

距離を置きたいと言っても、倦怠期なだけであとで戻って来るという可能性もあります。

 

 

 

どちらにしろ自分が好きな内は相手を諦めきれないと思いますので、自分磨きをして相手が戻って来る時に備えて待つようにしましょう。

 

 

距離を置いて戻って来た時に暖かく迎え入れてあげれば、そこから関係はより強固なものになって行くと思います。

 

 

少し離れて、失った状態を経験して相手の必要性に気がつき戻って来るというパターンもありますから、そうした方が良いと感じた時は暖かく見守ってあげると良いと思います。

 

 

 

おわりに

 

なかなか難しいですが、遠距離恋愛は本当に続く人達は何年でもどういう状況でも続きます。

 

逆に続かない人達は、たった数ヶ月間の遠距離とは言えない様なちょっとした距離でも別れてしまいます。

 

 

こう考えると、運命の様なものはあるのかなという気もします。

 

 

例え一時的には別れたとしても、状況が変われば復縁する事もありますから、最後までどうなるかはわかりません。

 

 

数年都会の学校に行って、卒業して地元に戻って就職なんていう場合は、次に出会った時は遠距離では無くなっていますから、その時にまだ気持ちが残っていれば復縁のチャンスは十分にあると思います。

 

 

長年離れて別れた後に再び再開して結婚したという例もありますから、本当に最後までわかりません。

 

 

 

いずれにしても、恋愛関係はお互いがお互いを必要とする事で成り立っているものですから、自分が必要と思うのであればその姿勢を崩さない様にしておきましょう。

 

お互いに焦らず覚悟が定まれば、遠距離でも何でも一緒に乗り越えて行けるはずです。

 

 

相手の事が信じられれば何も怖くないはずですから、そういう関係を構築して行く事が大切です。

 

 

最終的にはそれ以外に出来る事はありませんから、信じる気持ちを忘れずに強く持っておくようにしましょう。

 
Sponsored Link