遠 距離 恋愛 連絡 こない

Sponsored Link

連絡を貰うにはどうしたら良い?

遠距離で恋愛をしている場合は、連絡がこないという時もあると思います。

 

連絡頻度は、多ければ良いというものでもありませんし、少なすぎてもいけません。

 

 

ですから、二人にとって丁度良い位が良いという事になりますが、この感覚も人によりけりですから、一体何を基準にして良いのかわからないと思います。

 

よそのカップルはこれくらいという基準のようなものもあるかも知れませんが、そのバランスが必ずしも自分達に適合するというわけではありませんから、周囲の情報をうのみにしない様にしましょう。

 

 

 

恋愛をしている相手は、連絡を取る相手で付き合っている恋人なのですから、その恋人がどう思っているのかを知る事が一番大切です。

 

恋人が寂しがり屋なら沢山連絡をすれば良いですし、クールな感じなら連絡は少なめでも良いと思います。

 

 

これに加えて自分がどちらなのかという問題もあります。

 

多めが良いならそれを理解して貰う必要がありますし、少なめでも平気ならその旨を伝えておく必要があります。

 

 

そうやってお互いの最もベストな妥協点を探って見つける事が出来れば、良い形で連絡を取り合って関係を継続させて行く事が出来ると思います。


連絡がこない時はどうしたら良い?

 

そうやって連絡を取り合っていたとして、連絡がこない時はどうしたら良いのという風に疑問に思う事もあると思いますが、特に何の問題も無くて連絡がこないだけだったらあまり深く気にしなくても良いと思います。

 

人によっては仕事が忙しくて頻繁に連絡が取れないという場合もあります。

 

 

遠距離で連絡が取れないのはかなりキツイかも知れませんが、連絡の多さと愛情は比例しているというわけではありませんから、そういう風に考えない様にしておきましょう。

 

そうはいっても、連絡が少なくて寂しいという時は、素直にその胸の内を明かす様にすると良いと思います。

 

 

あまりしつこく言ってしまうといけませんが、こちらが我慢をしすぎてしまうのもまた問題ですから、寂しい時はストレートに寂しいと言う方にした方が良いです。

 

恋愛とは、そもそも対等な関係で、良好な関係を継続させて行くという事が大前提にありますから、どちらか一方が我慢しすぎたり不満を募らせる様になってはいけません。

 

 

最低限のルールや付き合って行く上でのマナーのようなものも出来て行くと思いますが、そこからはみ出しそうになってしまった時には修正が必要です。

 

恋人が自分の事を大切に考えていてくれるのであれば、気持ちを打ち明ければきちんと誠意を持って対応してくれると思いますから、隠さず打ち明けてみましょう。

 

 

 

連絡が欲しいならどうしたらよい?

 

なかなか連絡が来ない時に、連絡が欲しい場合はどうしたら良いのかなという事を考える人もいると思いますが、これは相手の性格にもよりますからどうにかできる場合と出来ない場合があります。

 

相手がクールで自分の時間を大切にする人だったり、仕事人間で激務という場合だと、なかなか連絡の頻度を多くするのは難しいです。

 

 

恋愛の重要度というものは人によって全く違っています。

 

恋愛第一に考える人は多いですが、中には恋愛よりも仕事が一番という人もいますし、趣味が一番という人もいます。

 

 

そういう場合は、そのことを理解してあげなければ、関係の継続は難しくなってしまいますから、きちんと相手の性質を理解してあげるようにしましょう。

 

 

また、恋愛の重要度が低いと=自分の事が嫌いと勘違いしてしまう場合もありますが、これはそういうわけではありませんから誤解しない様にしておきましょう。

 

 

そして、いずれの場合においても、連絡をもっと貰いたいなら、自分をもっともっと魅力的にする努力をする事です。

 

なぜ魅力的になれば連絡が貰える様になるのかというと、魅力度がアップすれば好きな度合いもアップする可能性もありますし、相手の事が気になったり、心配になったりもする様になるからです。

 

 

必ずしも全てに当てはまる訳ではありませんが、シンプルに考えると、連絡の頻度は相手の事がどれだけ気になっているのかの度合いでもあります。

 

付き合う前の知り合って最初の頃は、こちらからの片思いであれば、相手はこちらにまた興味を持っていませんから、連絡は自分からばかりになると思います。

 

 

そうした形で相手もこちらに興味を持ち、付き合うという事になったら、段々と相手もこちらに興味を持ちはじめ、連絡をしてくれるようになります。

 

そうやって付き合って行く中で、自分の事が大好きになって貰えれば、相手からの連絡も多くなります。

 

 

また、別れに向かう場合は逆で、段々とこちらに興味を無くして行き、連絡は少なくなって行き、最終的に別れや自然消滅となってしまいます。

 

 

そう考えると、連絡頻度は=興味の度合いだと考える事も出来ます。

 

 

ですから、連絡頻度をアップさせたいなら、相手にもっと興味を持って貰える様に自分の魅力をアップさせて行きましょう。

 

 

恋愛関係になってしまうと、ついつい油断してしまいがちですが、恋愛は口約束で成り立っているだけの薄っぺらい関係にすぎませんから、いつでもどちらからでも破局させる事が出来ます。

 

そうした何の制限もないものなのですから、相手の気持ちを繋ぎ止めておきたいのなら、手放したく無い人と思わせる努力を怠らない様にしましょう。

 

 

手放したく無い人で、放っておくと誰かに奪われてしまうという危機感を感じさせる事が出来れば、一ヶ月も二ヶ月も放置したりなどは出来ないはずです。

 

実際に放置して失ったとしたら後悔するはずです。

 

 

ちょっとこういう風に言うと過激に聞こえるかもしれませんが、恋愛関係は対等・平等なものなのですから、これくらいの強気でいた方が良いと思います。

 

 

泣きつくものには価値は感じませんが、去る物は追いかけたくなってしまうのが人の心です。

 

恋愛は心理戦でもありますから、反応が悪い時は、時には揺さぶってみる事も大切です。

 

 

 

おわりに

 

恋愛は、シンプルに考えると、お互いがお互いの事を好きだから交際しているという事になります。

 

たったこれだけの事ですが、これが最も重要な土台ですから、壊さない様に常に気を配って行く様にしましょう。

 

 

この土台が崩れて、どちらか一方が相手の事が好きではなくなってしまったら、そこから失恋へと向かう事になってしまいます。

 

人の事を好きでは無くなる理由は、価値を感じなくなった・魅力的に見えなくなったなど様々な理由があると思いますが、大きくくくるとやはりその人の魅力の問題になってくると思います。

 

 

いつまでも魅力的で付き合う価値がある・付き合って行きたいと思える相手なのであれば、遠距離になっても交際は続き、その後結婚して、夫婦生活も順調に進んで行くはずです。

 

 

ですから、いつまでもそう思われる様に手抜きをしない努力が欠かせません。

 

 

付き合えたから・近距離になったから・結婚したからと油断して自分磨きをやめてしまったら、相手の心も徐々に離れて行ってしまう可能性もありますから、どんな時も油断は禁物です。

 

もう100%完璧に二人の絆は結ばれて解ける事は無いなんていう事は絶対にありませんから、そういう風に考えて相手の気持ちを上手くキープして行けるようにして行きましょう。

 
Sponsored Link